水筒肩ひもカバー



簡単に作れるリバーシブル水筒肩ひもカバーです。

水筒を長時間提げていると、首に擦れたりして、子どもたちは痛がりますよね。

少しクッションがあるだけでも、だいぶ違うと思います。

他の子の水筒とも見分けがついて便利です。


用意するもの


・表布と裏布 約13㎝×約24㎝
(同じ生地でもOK。違う生地にすれば、リバーシブルで使えます!)

・スナップボタン、マジックテープなど

・キルト芯(表布にキルティングを使う場合は不要です)

・※布は縫い代を含んでいます。こちらのサイズで裁断して下さい。

・型紙を用意しています(型紙なしでもつくれます)

こちらから型紙ダウンロードできます


作り方


▼型紙を使用しない場合
上記のサイズ(長方形)に、表布、裏布、キルト芯を切ります。角を自然なカーブで切り落とします。

▼こちらがダウンロードした型紙です



▼表布と裏布を同時に裁断します



▼キルト芯も型紙を使って裁断します



▼キルト芯の厚みはこのくらいです



▼キルト芯の上に表布を乗せ、3㎜くらいのところに粗ミシンで仮止めします



▼表布と裏布を中表に合わせて縫います
押さえ金幅(5㎜)でぐるっと縫いましょう。
この時、返し口は6㎝前後縫わずに開けておきます(マチ針からマチ針まで)



▼かどを2㎜くらい残し、カットして落とします
4ヶ所すべてカットして下さいね。



▼返し口はあらかじめアイロンしておきます



▼表に返します
角は人差し指を使い、縫い目をギュッと押す様にすると、キレイに返せます。



▼2㎜くらいのところを、ぐるっとステッチします



▼本体は出来上がりです



▼マジックテープやボタンを付けていきます
今回は、プラスナップを付けていきます

▼このようなパーツ、器具を使います
ネットで安く売っていますので、持っていると色々なものが作れて便利です。オススメです。



▼画ビョウのようなものを6個、凹と凸を3個ずつ用意します。



▼だいたいのところで良いので、端から1㎝の位置に片側3ヵ所穴を開けます。目打ちなどを使って下さい♪



▼片側に凹を反対側に凸を付けていきます
まず、穴に画ビョウのようなパーツを差します。



▼生地の反対側から閉じるように凸パーツを差し込みます。凸側から見るとこのような感じです。



▼ハンディプレスに挟み、ぎゅっと力いっぱいプレスします。中央が潰れて、固定されます。同様に、残り2個の凸も付けましょう。



▼片側3個付けました



▼裏側はこんな感じです



▼反対側も同様に、今度は凹パーツも3個付けていきます。高さが合うように付けるのが、ポイントです。



▼一番重要なことは、画ビョウのようなパーツを今度は反対面から差すこと。
こうすることでスナップをとめることができます。画像を確認しながら、すすめていきましょう。



▼プレスします



▼プラスナップが6個付きました。これで完成です!



▼使用するときは肩紐を真ん中に通し、プラスナップを留めます



▼水筒に付けるとこのようになります



▼途中で切り替えを入れても可愛いです


最後に...


いかかでしたでしょうか。今回はプラスナップの付け方を説明しましたが、マジックテープを使えば、もっと簡単に作ることがきます。洗い替え用に何個あっても良いですし、気分転換にもなります♪ぜひ作ってみてくださいね♪


>>Recipe TOPへ


ニックネーム

コメント


2020/06/20

2020/06/20

2020/07/21

2020/07/24

2020/07/27

2020/08/03

2020/08/06